更年期の症状や様々な問題を解決する|キッチリ検査でキラキラ健康体

ウォーキング

深刻なお腹の冷え

健康

体の代謝が低下してきた場合、起こりうるのが冷え性です。特に内蔵型冷え性は免疫力低下や倦怠感をもたらすものであるので、日頃の生活習慣を改善し症状を緩和しましょう。内科に相談することで、効果的な改善方法を指導してくれます。

詳細を確認する

心臓ドックの動き

医者

心臓ドックは健康診断よりもさらに詳しく検査を行います。近年増加傾向にあり、心臓病の死亡数でも多くを占める動脈硬化などの危険な病気を未然に防ぐことに役立ちます。検査には超音波を使った検査や、X線を照射する検査などがあります。

詳細を確認する

自律神経失調症を把握へ

健康

自律神経失調症とはストレスや不規則な生活などから神経のバランスが崩れてしまい、様々な不調が現れる病気です。改善方法としては、規則正しい生活とゆっくりとした休息の時間をとる必要があります。

詳細を確認する

症状の把握

自律神経失調症を改善させるのに効果的なサプリメントはこちらのサイトで紹介しています。これで更年期も乗り越えられます!

自律神経が乱れてきます

女性

更年期は、女性が閉経を迎える時期と合わせて程度の違いはありますが必ず訪れます。閉経に伴い卵巣機能が低下することで、女性ホルモンの働きが低下していきます。更年期障害は更年期を迎えた女性の20から30%の割合で発症し、人によっては日常生活に支障が出る人もいます。また、発症してもあまり気にならない人もいて、性格や体質によるところがあります。主な症状の一つに自律神経の症状があり、ホットフラッシュとも呼ばれているほてりや動悸、息切れの症状が現れます。また、痛みを伴う偏頭痛や腰痛で悩まされることもあり、程度によっては血圧が不安定になる不整脈を発症させます。更年期対策として、日頃からの食生活の改善や生活環境の見直しをして事前に備えましょう。

精神面のケアが必要です

更年期にはホルモンバランスが崩れ、女性特有の症状が現れます。閉経前には月経不順で、閉経後には不正出血があります。膣内が乾燥し委縮することで細菌に対する抵抗力が低下し、膣炎を発症する場合があります。膣周辺にある膀胱も影響を受け、頻尿や尿失禁に悩まされることもあります。更年期になる頃には新陳代謝も低下し、中年太りと呼ばれる肥満体質が挙げられます。肌が乾燥したり、強い日差しによってかゆみや炎症を引き起こしたりした場合もあります。更年期障害は身体的な障害ばかりではありません。精神的な症状として不眠や憂うつ、イライラが治らないなどの悩みも多く挙げられます。このような症状を併発した際には心療内科や精神科でのケアもが大切です。

更年期障害の解消に効果を期待することが出来ます。高麗人参の効果はサプリを上手く活用すればしっかり発揮します。